特集記事 Reviews

春日町路地裏さんぽ~見つけた♪「私のとっておき」~ 画像

ねりま観光センター さん グルメ コラム

春日町路地裏さんぽ~見つけた♪「私のとっておき」~


1年半ほど前、約20年過ごした地元・練馬に戻ってきた私(ライターN)。
「せっかく練馬に戻って来たんだし、1人でぷらっと寄れる行きつけや、友達にもおススメしたいお店が地元にあったらいいな」と思うようになり、時間を見つけては、あちこちお散歩しています。

今回は、大江戸線の練馬春日町駅や有楽町線の平和台駅周辺を中心にぶらりとお散歩♪ 環八通り沿いや路地を少し入って行くと「今までこの場所にお店があったっけ?」というスポットが増えていることを発見☆ 

昔からあるお店にも「一人で入っても大丈夫?」と、中々足を踏み入れることのできない小心者の私でしたが「地元を新規開拓してみようじゃないかっ!」と、気になるお店に思い切って行ってみました!

*上の手書きマップに書かれているお店の場所は、あくまでも目安です。

身も心もほっこり♪ 選べるスープが嬉しい 「スープ多喜」

身も心もほっこり♪ 選べるスープが嬉しい 「スープ多喜」 画像

練馬春日町駅のA2出口を出て左に進んでいくと、何やら白壁のかわいらしいお店を発見。
外に置いてある黒板には「選べるスープのお店」とあります。この辺でスープ屋さんって珍しい! しかもテイクアウトもできるとのことで、スープ好きには嬉しいお店です。

ドアの横の小窓から店員さんがニッコリ。その笑顔に連れられて、いざ、入店! 

 画像

店内にはカウンター6席と、小上がりになったテーブル席が2席あり、「小さなお子さん連れのママさんたちは、小上がりの席を利用する人が多いですね」とのこと。
私は「お一人さま」だったので、カウンターに着席。

早速メニューを見てみると、選べるスープが1種の「シングルセット(税込680円)」や、スープが2種類になる「多喜セット(税込880円)」(それぞれごはん、パン、ドリンクのいずれかが付く)など空腹具合によって選べます。スープは常時5種類あり、そのうちの2種類は季節によって変わるのだとか。

 画像

写真:「プレートランチ(税込1.100円)」
私は好きなスープ1種類に、サラダやミニグラタン、おかずがもりもりのった人気の「プレートランチ」で、スープカレーをチョイス!(主食はごはんかパンが選べます)
優しい味わいのスープカレーには、カブやカボチャなど、旬の野菜がたくさん入っていて栄養もバッチリ取れますね。

 画像

写真:調理と接客を担当する店員さん

「スープ多喜」の店長は春日町出身。「地元の人たちに自然と集まってもらえるような、コミュニティの場所を作りたかったんです」と、昨年の11月9日にオープンしました。
「自家製ジンジャーエールなどのドリンクもおすすめなので、お茶だけでもぜひいらしてください!」と店長さん。

この辺りで一人ランチできるお店があったらいいな、と思っていたので、いいお店を見つけちゃいました♪


練馬区春日町3-34-21 エステートピア鹿島1階(入り口は環八沿いです)
TEL : 03-3970-3355
https://www.donnto.com/%E5%BA%97%E8%88%97%E7%B4%B9%E4%BB%8B-%E3%83%A1%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC/%E6%98%A5%E6%97%A5%E7%94%BA%E5%A4%9A%E5%96%9C-%E3%83%A1%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC/

営業時間 : 午前11時30分~午後2時30分(ラストオーダーは午後2時まで)
定休日:水・日曜日 年末年始:12月29日~1月6日休み


代官山や中目黒だけじゃない! 美味しいパン屋さんが練馬にある「パン屋 ふじた」

代官山や中目黒だけじゃない! 美味しいパン屋さんが練馬にある「パン屋 ふじた」 画像

「スープ多喜」をそのまま平和台方面に進み、セブンイレブンを通り過ぎて二つ目の角を左に曲がって少し進んだ右手にあるのが「パン屋 ふじた」です。

初代のお父様が脱サラしてお店を始めたのが、今から30年ほど前。
ドイツパンの美味しさに感動し、ライ麦サワ―種を使ったプンパニッケルのほか、天然酵母使用のカンパーニュ、クリームパンやあんぱんなど、約30種類のパンが並んでいます。

 画像

写真:お食事系から、おやつにもなるパンが並ぶ
 
売れ筋はバゲットの上に、チーズやベーコンなどの具をのせて焼いたタルティーヌや、オリーブオイルを生地に入れた柔らかい食感のフォカッチャだそうです。食パンやカンパーニュはお好みの厚さにスライスもしてくれます。パンの種類がそろう10時ごろがねらい目!

取材に伺った日は、クリスマスまでに少しずつ食べる「シュトーレン」(Sサイズ税込650円、Lサイズ税込1.300円)の仕込み中。ふじたでも毎年人気の商品です。

 画像

写真:左が成形し焼く前、右が完成したシュトーレンをスライスした断面

シュトーレンの試作品を味見させていただくと、うすくスライスした断面から、ドライフルーツやナッツがみっちり入っているのが分かります。
周りにかかっているのは粉糖で、全体的にくどくない甘さで、飽きずに食べられます。 

息子で二代目の店長、藤田泰雄さんから
「例年はシュトーレンの予約はクリスマスまでなのですが、今年は12月30日まで予約を受け付けますので、この記事を見て気になった方はぜひお試しください」とのこと。
ぜひこの機会に味わってみてほしい一品です☆

 画像

写真:店長の藤田泰雄さん

取材にうかがったのは平日の午後3時過ぎ。近所の人が”明日の朝食用に”と自転車で買いに来たり、小学生の女の子が菓子パン1個を買いに来たりと、次から次へとお客さんが来店。

「自分が食べて美味しいと思うものを作りたい」という藤田さんの想いがこもったパンは、世代を超えて愛され、地元の人たちの日常の中に溶け込んでいるようです。


練馬区春日町4-1-16
TEL : 03-3999-3170(電話での予約可)
https://fujitapan.jimdo.com/
営業時間 : 午前9時30分~午後6時30分
定休日:月曜日、年末年始:12月31日~1月7日休み(予定。詳しくはお店のHP、Facebookでご確認下さい)

とっておきの日に☆ 春日町の隠れ家的レストラン「Lito rukka(リトルッカ)」

とっておきの日に☆ 春日町の隠れ家的レストラン「Lito rukka(リトルッカ)」 画像

練馬東小学校のプールがある道から、もう一本平和台駅寄りの道を入った住宅街を歩いていると、「オーガニック野菜のイタリア料理」と書かれた看板を見つけました。
「閑静な住宅街に、こんな素敵なお店が!」と女子的に興味津々なメニューに魅かれ、思い切って「お一人さま」のランチコースを予約してみました☆ 

予約当日、改めてお店の前に立つと、見た目は普通の一軒家。それもそのはず、こちらのお店「Lito rukka(リトルッカ)」は、オーナーの松浦さんが、2017年にご自宅の一角をレストランとしてオープンしたのだそう。

「いらっしゃいませ」と温かく迎えてくださったのは、お二人ともイタリアで修業を積み、今年の10月に新しくこの店のシェフとなった井上さんと有村さん。メニューに使う食材は、有村さんの実家、長野県白馬村から届く有機野菜をメインに使った、ヘルシーなお料理がいただけます。

 画像

写真:左が前菜の「大根のカルパッチョ サラダ仕立て」、右が「色々お豆のミネストローネ」

今回オーダーしたランチコースでは、2種類の大根を薔薇のように盛り付けた前菜に始まり、ひよこ豆や乾燥そら豆などのお豆がごろごろ入ったミネストローネなど、様々な調理法で野菜の美味しさが味わえるお料理ばかり。

 画像

写真:左が「雑穀を詰めたロールキャベツ フォンドボーソース」(+500円)、右が「タルト・タタン」

4種類から選べるメインは、お肉の代わりにヒエやアワなどの雑穀を巻いたロールキャベツをチョイス(コースの値段に500円追加)。

もっちりとした雑穀の食感と、白みそなど和の素材を隠し味に使用しているフォンドボーソースは、動物性原材料不使用とは思えないほどのコクがあって大満足!

 画像

写真:今冬のスペシャリテ「九重栗と黒トリュフのスパゲッティ」(+1.000円)

シェフのこの冬一押しというパスタ(選べるメインの中の1品)は、「九重栗」というカボチャの甘くて濃厚なソースが、マファルディーネというリボン状のパスタに良く絡んでいて、芳醇な黒トリュフの香りと絶妙にマッチしていて口の中が贅沢~☆

これらのお料理に、自家製パンとコーヒーか紅茶が付きます(メニューの内容は、季節や仕入れによって変更あり)。

 画像

写真:左から、オーナーの松浦さん、シェフの井上さん、有本さん

メニューにはその時の旬のお野菜を使うそうなので、これは春夏秋冬と制覇してみたくなりますね!
「自然の力で発酵させる、ナチュラルワインも取り揃えていますので、ワイン好きな方にはぜひお試しいただきたいです」とシェフの井上さん。

営業しているのは木曜~日曜日(木曜日はディナー、日曜日はランチのみ)。たまのご褒美に、友人知人、家族など、大切な誰かと一緒に少し贅沢な時間を過ごしたくなる、そんなお店でした。

ランチコース 2.800円 ランチフルコース 5.500円
ディナーフルコース 5.500円(+300円でコーヒーか紅茶がつく)
*こちらの料金は全て税抜き価格です


練馬区早宮4−27−10−5
TEL:070-4002-5496(ランチコース以外は要予約)
https://www.litorukka.com/
営業時間 : ランチ:午前11時30分〜午後2時(金・土・日のみ営業)
ディナー:午後5時30分〜午後9時(木・金・土のみ営業)
定休日:月~水曜日、年末年始:12月29、30日と1月1日休み
*12月31日、1月2日~6日は営業(詳しくはHPでご確認ください)

たまには大きな浴槽でリラックス☆ 「ゆ~ポッポ」

たまには大きな浴槽でリラックス☆ 「ゆ~ポッポ」 画像

お腹も満たされたところで、平和台方面まで足を延ばしてみました。平和台駅まで来たら、もう少し環八通りを進んでみることに。ライフがあるほうの道を直進していくと、緑色の看板が見えてきました。ここはどうやら銭湯のようです。

昭和29年にこの場所で開業し、今はご主人の小林勲さんと奥様、息子さんと一緒に営業されています。「ゆ~ポッポ」というかわいらしい店名は「お子さんたちに親しんでもらえそうな名前がいいなと思って」つけたのだそう。

銭湯と言えば、年配の方の利用が多いのかな?と思っていたのですが、小林さんによると「この辺はワンルームマンションも多くて、夜になると若い女性も多くいらっしゃいますよ」とのこと。

 画像

取材後、営業時間の午後3時を待って、私もひとっ風呂いただきました。
清潔な洗い場は、閉店後に約2時間かけて毎日清掃しているそう(お疲れ様です!)

ゆったりとした湯船につかると、家のユニットバスとは違った開放感が! 日替わりでラベンダーやローズマリーなどのハーブ湯のほかに、少し小さいですが露天風呂もあって、天気によっては星が見える日もあるそうです☆
お湯の温度は42~3℃と少し熱めで、帰り道も体がぽっかぽか♪

「月に1~2回でも銭湯に来て、リラックスしてもらえたら嬉しいですね」と小林さん。
ワンコイン以下で楽しめる銭湯っていいかも♪

 画像

写真:広々としたラウンジ

受付の横には広めのラウンジスペースがあり、ビールやクリームソーダ(いずれも300円)が注文できます。「お風呂上りの一杯を楽しみにしている常連さんのために、値段も安めにしています」という嬉しいサービス♪ 

また、平成10年の改装時には館内を段差のないバリアフリー対応に。浴用の車いすがあり、介助者の人と一緒なら入浴が可能です。

 画像

写真:ご主人の小林さんと奥さん

また、新年恒例の「朝風呂」が、来年も1月2日の午前7時~12時(予定)に営業するという耳寄りな情報をゲット。毎年開店前から行列ができるそうですが、11時ごろなら比較的すいているそうですよ。新しい年の初めに、銭湯の朝湯でスタートするのも気持ちよさそうです!

入浴料大人:460円 (サウナ付:800円)小学生:180円 幼児:80円
手ぶらセット:+200円


練馬区北町6-4-13
TEL : 03-3933-3564
http://www.yu-pop.jp/
営業時間 : 午後3時~午前0時
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始:1月1日

お散歩は「素敵な何か」を発見できる!

お散歩は「素敵な何か」を発見できる! 画像

散歩の途中で気になるお店の扉を思い切って開けたら、そこには美味しいものや素敵な体験が待っていました!
練馬もまだまだ面白い町だな~と実感。

これから寒さも徐々に厳しくなって、外に出るのが少しおっくうになってしまいますが、いつもと少し違う道に入って “素敵なお店”を探しに出かけてみてはいかがでしょうか?(その際は防寒対策をお忘れなく!)